2020年08月

2020年08月31日

A013DBB0-E147-43BC-AF3B-BB906BDCF7B2
猛暑日の日曜日、タミヤサーキットのタミチャレに参加させていただきました。実に1年4ヵ月ぶりのタミチャレです。ドキドキしますね。


1F7791F3-AD60-4E98-8331-EF2B8A8B396B
小4はTT02でZERO、私はTB05で無謀にもGTで変な汗かくほど別の意味でドキドキしますね💧

525208E6-637B-49D0-B3C5-A52E4F6215FD
ぐんぐん気温が上がっていく中、予選が進んで小4のZEROクラスもスタートです。予選はスタッガー方式で各自スタート。

5800DB0A-CDFD-4318-B657-AB58B3F9872B
予想外に小4は上手く走れているようです。そして前を走る306マキシのクルマとほぼ同じペースで2位争いを展開してます。

3B4FD5CE-C94D-4DB6-8FA6-30F17A38A236
なんとか2位のまま予選3分が過ぎ、残り1周となったそのタイミングで小4がトビますw

CE8FAC1A-1620-45F9-87B4-3B4560342F26
芝に乗ってそのまま終了。。周回数で3位完走になるもちゃんと完走出来ないですね。

CCCD0C0D-3969-41DD-9119-ACF13F011177
左引っ掛けてステアリングロッドが外れてます。タミグラ掛川でもココが外れてリタイヤしたんですよね、なんだかこの新アジャスターは外れやすいような気がするのですが。。

62DBC178-3816-4561-BBF0-08F699A9EF45
私のGTといえばニュートラルブレーキが弱くて止まらないTB05にお手上げ状態でジャマにならないように周回するので精一杯、それを見た小4が「ちょっと何やってんの?」と本気で心配してくるハメにw
それにしても暑さでチャレタイヤはズルズルだし、リアのギアデフも3000番以外持ってないし、何より暑くてクルマ触る気にもなれないし、早々に今日はもういいやって心のニュートラルブレーキは100%です。

F4F34AE3-F54C-48DF-A5E4-BCC1A837979B
気を取り直して小4のZERO予選2回目、次は完走しましょうね。

B20582E0-8AD1-4445-B119-6FAC5F74A25A
そしてまた306のドライバーさんと2位争いをして終始追いかけられる展開です。小4より上手な方なのでいつか抜かれちゃうなと思いながら見てる私。

45223498-A4E8-4E29-AF9D-AAAC6B820CD3
するとそのまま2位でゴールし「パパの仇は取ったよ!」とか言う小4。。いや、仇じゃないし。。

84618927-612B-4526-80E5-9D957644B292
暑さのピークが過ぎた頃GT決勝が始まります。私の2つ前にはマサさんGTR、途中譲って頂いたのに私がフラついて接触しちゃってすみませんでした💦

258AEAE2-DB3D-47EB-9819-7536E2F98FC1
ZEROクラスも決勝スタートです。小4は3番グリッドから。

EDDC0E59-5DBC-4963-9055-B36B22DA0C77
そしてまたまた2位争いを展開する2台、クリーンなバトルをしてくれて306マキシのドライバーさんありがとうです。

C46BDD73-FA19-49BB-9501-7A6996B8B449
なんとか単独2位になり周回する小4、TT02はよく走ってくれてます。

77E865C7-63C8-4561-9F92-ADDD8DC787A8
ここ最近コーナー入り口で減速してインに寄せる練習をしてきた成果が少しは出てきたのかな?

CCE5F8BD-0589-460F-BB19-BDC5D8CBD09D
でも寄せ過ぎてお皿でジャンプw

D82E4041-3B5E-4357-B838-2A92A286FF68
このまま2位でイケるかなと思った2分半過ぎに左側引っ掛けて小4が飛びますw で左リアのダンパー抜けて不動車に。。いいとこ走ってたのに惜しいなぁ。

1773AC82-BC6D-48CE-A883-78C83448BDC0
珍しくピットでポロポロ泣く小4。あれほど丁寧に走るって自分で言ってたのにね。まぁこんな時もありますよ。

E8C192B1-7143-416E-90A1-493208A4367E
小4はスピードが乗る緩いコーナーでもグイッとステアを切りすぎて引っ掛けて壊す手クセがあって、今日は2回もそれをやってしまったけど、1年前はまるで走れなかったタミチャレを思えば、普通に走れるくらいにはなっただけでも十分だと思います。
また練習しような。

D627392C-CE0E-403B-922D-4C855A07285B
とにかく一日中暑い猛暑日のせいか他のレースも思わぬ波乱が多かったタミサチャレRd.3でしたが、コロナ禍でタミグラも中止になる中で感染対策と熱中症対策まで気を配りながらタミチャレを開催してくれたZESTさんとタミヤさんには感謝しかありません。そしてお休みのところ陣中見舞いに来てくれた高見さんや一緒に走ってくれたマサさん、小4の面倒をみてくれたともやくん、リバイブを含め沢山教えてくれた山口さん、壊れたクルマを見てくれたマーシャルの方や参加者さんの皆様に感謝します、お陰様で楽しい1日を過ごさせていただきました。
またお会い出来る日を楽しみにして私たちもまた練習を積んでいこうかと思います。

まだ暑い日が続きますが、どうぞご健勝にお過ごし下さい。



(20:49)

2020年08月25日

A8D9950C-7F16-4185-8304-DB55D91119E9
ほんの少し気温が下がり酷暑から猛暑になった日曜日にタミヤサーキットへ、暑いは暑いんですが通り抜ける風が心地よく、居られない暑さというほどではありません。良かった。

30C32DB1-4B2A-45CB-AD0F-0B466E4D18F6
到着は12:30でしたので13:00台のジュニアタイムからSでもSRでもないTT02 ZERO仕様で小4も1本目スタート。

340F73B8-4BE2-4542-BC53-91C931F4E196
全日本からVRCでイン寄せで走る練習をしてきた小4、最初は上手く寄せる事が出来ない様子。

A3525D52-5B3C-450C-BD9C-AF79B911F1EE
意外と難しい最終コーナーでも突っ込みドアンダー。

28B83C46-C033-4185-A1CA-34AE666F77A3
次第に寄せて走るようになってきたっぽいです。

BE00F4DA-481C-409F-9312-17A099A4EE57
オンロードで珍しく気分がノッてきた小4は「めっちゃ内側走ってない?」とか得意そうに言うのでアプリで連続写真風に加工、カメラ手持ちじゃキレイに残像残せませんね。

C1E2692E-5888-4A5D-BF87-8C43CC18B0E3
TT02が上手く機能してるか見た目にはわからないのでとりあえずタイム手動で計ってみると18秒前半。タイム的にはまぁまぁなんですけどまだちょっと良いのか悪いのかわかりません。。前回タミグラ仕様だと20秒ジャストくらいだったので今回の方が確かに速いんですけど、2秒も速い走りとは思えなくてちょっと不思議な感覚です。

E0BEBD75-632E-4EBA-B92C-EAC4DB3BF46C
それなら久しぶりに一緒に走ってみようと初心者一般タイムで小4と私のチャレGT仕様のTB05で走ってみます。するとストレートはほぼ同じくらいのトップスピード、軽くて中古とはいえGP-Aを履いてるTT02 の方が良く曲がっていて案外速い事に気付きます。
そして同じ様に走ろうとするもののアンダー出しまくって大回りする私を見て「パパさ、イン側走れなくてスゲー外行っちゃってるしw」とか言ってきます。(クソッ)

4B1FFFE1-33F9-4447-A76B-A8687DD0DB83
とりあえずアンダー出さないように恐る恐る単走3周だけ走ってタイム計測すると、ラップ毎にちょっとづつ改善して17.3秒(改善してるのか?)。というか小4のZEROはやっぱりそこそこ速いんだなと納得。

3DA1C836-1651-4219-8E5A-19C05435E86B
続く走行時間で掛川GTを完勝したこうちゃんの新車420を発見!
なんだアレ?!めっちゃキレッキレじゃないか!と小4とその走りにしばし釘付け。いやホント凄い。

F615130C-716B-4C3A-A042-9327CFF4CE30
また凄いもの見ちゃったなと呆けていると、ともやくんと小田さんがTC-01をショップへ受け取りに来たとの事でご来場。小4は嬉々としてともやくんとゲームタイムへ突入し、私もこうちゃんのお父様である山口ギルド長と戦友の小田さんと話し込んで超楽しい時間を過ごします。タミサのパパさん達は一生懸命努力しながらも楽しむ心の余裕と優しさを持ってるステキな人が多くてタミサ居るだけでも幸せです。

この日のタミサはとても盛況だったのですけど、ジュニアピットは期せずして先日の全日本ジュニアの出走メンバーの半数が揃うというレアな1日で、中でも以前にブログにコメントして頂いたマサさんからお声掛けくださって、あらためてご挨拶できたという嬉しい出来事もありました。

69FF373B-BC00-4CDF-98B1-F11CE19F99F5
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまって気がつけば最終出走の16:00前、「最後はオフロード走りたい!」と言って小4はXV-01で1人ドリフト大会。それを見ていたこうちゃんが「ラリー楽しそうですね!」って声かけてくれるんです。掛川の優勝の時のセッティングシートのベストラップ欄に「はやい」って書いちゃうお茶目な一面もあるんですけど、ホントに優しくて良い子なんですよね。年末のタイトルもゼヒ獲って欲しいです。

3F199923-E540-4D73-969C-0F1D4346155D
昼に来てるのにまだ1本しか走ってない私w 最後にちょっとだけ走ります。
とりあえずタミチャレの重量合わせたTB05でチャレタイヤのグリップ感を確かめておこうかと。

EA59A677-CF07-467C-9B8E-A3AC0C39B6F3
17秒は切れなくて17秒前半というところだったんですけど、それにしても50gほど重量増えただけでクルマは止まらないし、スロットル開ければ膨らんでいくしでGTの難しさを思い知ることとなりました(←今頃w)

907D6869-74A1-40A6-A71A-C2FF14DF8562
帰宅後は最近ハマっている廻るそうめんを食べ始める子供達、ってすぐ晩ご飯ですよー。

76F8B871-7C61-410A-A008-2172CCA30AB6
私は走った感触がまだ残ってるウチにVRCで路面のグリップ感とクルマの速度感などパラメータ調整。

557C4BD8-9E09-492C-A10F-2D2B4DD25833
バンコクが路面グリップを抑えた屋外コースの練習になる気がするので、しばらくはここで練習してタミサに行こうと思います。

722881E5-87B7-40A6-9023-44F6C8BCDA32
山口ギルド長、私は105サーバでした。先週のお盆から始めたばかりなのでレベルは内緒でオナシャスw
(それまでは三国志とFGOをしてました。。)



(04:37)

2020年08月21日

B690BD9D-ABF2-47E4-9A7E-186E78A90DF5
前回の続きです、タミサのタミチャレZERO用のTT02を作っていきます。リア回りから再開です。

54A1C524-CC6A-4931-AE6D-228B532DD20D
ひっくり返して裏側、写真のようにバンパーレスにして軽くしていますが、実はバンパーがある方がその重みでリアが安定しますので、リアがスベる時などはバンパーがある方がグリップの確保がしやすいです。
またマイティノッキーさんが紹介していたリアバンパーにボディポストを立てる技も使えますのでリアのバンパーは結構使い道があると思っています。

ついでにグレーのパーツはTT02D(ドリフト用)のパーツで、こちらの方がネバリのある樹脂なので強度的にもいい感じです。ギアカバーとかもTT02Dの樹脂パーツの方がオススメです。
さらにTT02B(バギー)のオプションの強化サスアームセットについてくるギアカバーも強度としては最強なので、こういったTT02系のパーツ流用を試すのも面白いですね。

95C68610-EC42-48C8-AD69-3D06F9965B4B
サスアームの取り付けガタはあまり気にする事はないのですが、少しばかり6mmシムで詰めておきます。

E04FA83E-D9BD-435B-9D83-1977074443A8
タミサのチャレの時は特設レイアウトになり結構なテクニカルコースになる事が多々ありますので、トーインアップライトは今回3度の方を使います。

8136EB28-69BB-4E9B-B8C9-B46ACE665520
それにロングアクスルを付けたユニバを組み合わせ、9mmの六角ハブでワイドトレッド化します。
JJグランプリのようにスピードがもう少し低ければワイドトレッド化はしなくてもいいんですけどね。

416A2530-C131-4855-83AA-2A6DB015658F
見た目にも結構ワイド化してるのがわかります。

74F2621B-DAA9-4E6E-B518-0F0691E28402
ボディ被せた時のオフセットも丁度良い感じ。

6FBB0C4B-C1AF-4B81-B5CF-590A3FA3568B
フロントも同様にワイド化です。
ワイドトレッドはコーナーで多少キレがオチますが切り返しなどは挙動が安定するのでの操縦は楽になる気がしてます。

DE8656C0-08BA-42CA-9901-7BA8F0DF70BC
改めて車高とります、フロント5.5mm

32A4D7B3-21C3-4EA9-855E-EA3A2695286D
リア6mm。前後重量配分は大体4:6なので前後車高差もこんなもんかなと思ってます。

C2340898-064D-43E8-9640-619C699DEAC0
メカ類はいつものフタバ、受信機とサーボはSRモードです。

E80A58F6-4FFF-48D5-9741-D73A2E0AFF92
バック付きブラシアンプはキーエンス のシュバリエダッシュ付きのフラッシュ。バック無しでいいならエクストレイの方が速いのですけど、小4はまだまだバックが必要です。

47DEC67D-4348-4A0B-A61E-BCDF84010E2B
リフェより80gほど重いSP1600を載せてシャーシ重量計測してみますと1277g、TT02Sとどれだけ重量差なのか比べてみましょうか。

6D5374F5-3403-4B5A-A5F6-A482A82E636B
タミサジュニアデー用のTT02Sと比較です。こちらもブラシモーター仕様で、540JでアンプはVFS-FR2という構成でタミチャレZEROレギュにも合致します。

5C906B26-F9DA-421A-88F7-867CA831FA3B
TT02Sは1332g。
TT02は1277gでしたのでSより54g軽いです。
ワイトレしてハブやリアアップライトなどアルミや金属の重量のあるパーツを結構使っているのにtype-Sよりだいぶ軽いですね。

E311F478-A814-4B6C-A4FA-F5BB44712734
ボディ込み総重量は軽量ライキリ で1395g。

5139EC30-FDE7-47A1-8758-093C13E02D5E
軽量NSX2005で1386g、更に軽い。
軽いLF2200ならともかく、重いニッカドで1400g切れたらひとまず十分でしょう。

F21B3593-1CE5-446E-94C4-D30BF24CFF96
とりあえずクルマは出来ても操縦するのは小4なので上手く走れるようにプロポで調整してあげようかと思います。

そういえば、小4はこれまで私の作ったクルマの出来に文句を言う事がほとんどなくて、むしろ「今日のクルマは走りやすいからちょっと頑張ってみるよ」とか言いながらいつも自分より年上のドライバーさん達に挑戦していきます。
私からして見れば「クルマが悪い」とか「自分より速い人がいるから」とかそういう言い訳の一つくらいあってもそっちの方が全然普通だと思うのですけどね。

案外負けず嫌いなのか、バカ正直に正面から突撃しているだけなのかわかりませんが、それならそれで私も一緒に玉砕してあげようかなと思う次第なのです。




(04:20)

2020年08月20日

19F48F9D-EE3D-48E9-9695-E1A0C40FFDE6
8月末にタミサで開催されるタミチャレに小4は久しぶりにタミチャレZEROでエントリーさせて頂きました。ですのでコレに向けてTT02を準備しようと思います。

E4996BE5-6FF8-4B3F-AAB9-F0A83F1AF7D9
タミサのZEROはTT02系で参加するとギア比優遇がされていて、通常7.20以上のところ7以上までハイギア化してもいいですよ、というローカルルールが適用されています。

2AD352A8-CFA1-44CD-B266-819764983DD0
優遇ギア比を鑑みるとスパー68T/ピニオン25Tになるのですが、モーター540Jの上限値18000回転で計算するとトップスピードは時速30km/hとハネ上がり、しかもニッカドの高電圧で実際はコレ以上速く結構な速度域となります。

6F0FACD8-86E9-424B-9303-1B856BB6F92F
先日参加したタミグラ全日本ジュニアは17.5Tでギア比は標準70/22、およそ時速24km/h程度、更にLF2200で実際は計算値より遅くなりますので、タミサのタミチャレZEROのスピードレンジの高さを如実に語ってくれています。
(ZEROは一応初心者クラスですw)

0337B1F3-D85E-4555-BEFF-388929D033D8
そんな状況に対応するべく、ひたすらTT02を眺めてきたわけですが、このシャーシの特徴はご周知の通りサスマウント幅が狭く、サスアームも極端に短いという、めちゃくちゃロールしやすい特性であります。
ですのでできるだけ不要なロールを誘発しないような方向性でペタッと吸い付くような走りが私的には理想的なんじゃないかなと考えています。

46CCA412-097B-4F76-BC8F-A59C1AB688F1
またサスアームは無加工で取り付けると結構な割合でシブシブになりますので、アームの根本にあるピンをヤスリで削って少しだけ細くします。と言うのは簡単ですが、サスアームのピンは全部で16本あるのでコレがなかなか大変面倒な作業でして、普通に走るようにするだけでも割と手が掛かります。

FEFDAA94-A569-43F4-8FF0-0AAAF1E240A5
ロールしやすい特性のシャーシを抑えるにはダンパーの役割が大切かなと思ってます。更にリバウンドストッパーもないので面倒なんですけどリバウンドもダンパー長で合わせます。
結果ダンパーシャフトにスペーサー入れて全長で58mm、穴位置で55.5mmになるように調整。バネはロングだとギリギリなのでショート、種類は黒ハードセットで固めを選び、オイルは400番の加圧組みでかなりロールし過ぎないように意識してセット。

F9E97DCE-417A-450F-B605-143273F869C0
ダンパーは寝かせて取り付けて固いバネの唐突さを防ぎつつ車高も落とせるように。この状態でフロントは車高5.5mm、リバウンドは4~5mmでやや多目。

6B01409B-4CF8-4A35-A2A2-2E7A17DC929E
リアも同様にダンパー立て過ぎないように取り付け、車高6mmでリバウンド5mmちょい 。車高は下げていくとまたロールも増えていくので車高はやや高めが良いかなと思っています。

61858086-1540-4899-AE0A-A35C23193C13
ところでTT02はフロントはロワアーム側のサスボールが抜けちゃうトラブルが多いのですが、もしレース当日とかで抜けちゃったら抜けグセがつく前に簡易な対策も鑑みておきます。

D6E76B2A-6871-481C-BC94-0AE5D71AF720
0.5~1.0mmのスペーサーとホイールスペーサーで蓋をします。

63789523-951C-4A52-AE2C-B0E72EAFD1AD
コレで簡単には抜けなくなります。ってこの辺は周知の事ですよね。

450D1B79-E0A3-4118-9B78-C7E80A5AC526
同じ方法でアッパーアーム側も抜けにくく出来るんですが、ついでにリバウンドを規制する方法もあります。
リバウンドストッパーもないTT02でいちいちリバウンドの調整の為にダンパーをバラす必要がないって何気に便利だなと個人的に気に入っている方法です。

45ADB98E-B01F-49E6-BB2E-7D74A7029567
アッパー側のアップライトを留めるパーツを外します。ピョコっとキングピンに相当するピンが飛び出してますね。とりあえずアップライトを外します。

F462620F-38FE-4336-8E5B-0CB6B473D021
アップライトは車高調整用のパーツとセットで使うよう指示があります。

86488737-3BC9-401F-B324-BF6697AAE16D
取説通りにオンロードの場合は下側に入れます。この際ゴム系ボンドで留めておくと強度も上がります。

178440CB-B14E-44D6-B3AF-05572BDF0CB3
そして同じ車高調整用のパーツをもう一組用意して

E14ABDBE-9949-4F96-AD02-212698DEC902
今度は上側に入れます。こちらは接着なしで。

6C04DFDF-9F7D-49A3-8F83-2E397EF6887E
アップライトを取り付けると、アッパーアームは逆ハの字になり、先ほど飛び出していたピン先がサスボールとほぼ同じ高さに揃います。

F48EAA61-0FDB-4DAD-A46D-70289E02F585
そこに0.5mm厚のスペーサーを載せて

A919FBC5-553D-4FAE-84FD-723C79E7C8FD
ホイールスペーサーを用意します。

02D9161E-38EF-4A18-8B15-5E3DCC9F1BCA
少しアソビを残し締め込み過ぎないように取り付け。

4AEFF0A6-49C5-4502-AF8B-32CF5619F2FB
クルマを置いた状態で正面から見るとアッパーアームの外側にホイールスペーサーが接しているのが分かります。

618CB7A2-769B-425F-B2C7-33E79734215E
クルマのダンパーステーを持ち上げてみるとアッパーアームの内側にホイールスペーサーが当たりこれ以上伸び側にアームは動かずリバウンドを規制できます。おまけにサスボールも抜けなくなるナイスな小技です。
リバウンド量はスペーサーと締め込み量で調整出来るので簡易ですがなかなか便利です。

ただサスピンでドループ測るような定量化は出来ないのと、この組み方でタミグラ等で車検に通るかはわかりませんので、本来はやはりダンパーで調整するべきなのでしょうね。

長くなりそうなので一旦ココで区切ります。
次回はリアエンド側、トレッド、重量、メカ類など書き留めていきたいと思います。

というか、そんな面倒なTT02なんかより素直にTT02SやSR使えばいいじゃん、と思わなくもないのですけど、TT02はとにかく軽くて丈夫なので重量制限なしのカテゴリで小4が使うメリットもそれなりに大きいと考えています。

なにより単純に私がTT02を極めたいって勝手に思っているだけなんですけどねw



(20:27)

2020年08月17日

4C7D7BD1-3CDE-4480-AE18-5CCCE6AE5EC2
全日休める夏休みは2日のみという「特別な夏」を迎えています。そして話題のTA07RRが出た直後なのにTA07Rを凄まじい周回遅れ感を味わいながら作っています(汗

3CD13EEA-33C2-462D-89A0-93632B47D1AC
子供達も夏休みはたった2週間というとても短い夏ゆえに、嫁の「短いならなおさら毎日遊べ」という号令の元、午前か午後に仕事の空き時間を作っては毎日子供達とプールへ通います。

D8806E10-4AA7-46DA-A992-5B1F4213420E
すると「もうプール飽きたよ」とかこしゃくな事を言いますので山へ強制連行。

2336F6BA-6023-4742-A103-CD4C78199958
気温35度の酷暑の中、うっかり山中を歩き回ってたりして私の方がグダグダです。

F96731A0-B10B-4A28-BBF0-00B9C6871D52
そして夜な夜なTA07Rを制作、ここ1週間の睡眠時間は平均3時間ちょい…(キツイぞ!)

49E04F8E-35D4-4329-9385-22FB38C9A71C
そしてサノタケさんの本も購入、TA07が記事中によく登場するので、去年キットを買ったまま1年以上放置してたTA07Rを作ってみようかと思い返すキッカケになったムック。

55DD1A40-6DD8-46DA-A7AF-19D637DB44C1
思ってたより作る手間はかからず完成、私用にはTB05があるので、小4に「コレ使う?」って聞いたら「まだ早い」とかヤケに遠慮するのが気になりますが、とりあえずチャレGT仕様でメカ積み。

9EAFABB1-AA88-43C3-AB6B-C79B308AEB0B
そしてその軽さにビックリ、さすがベルト車。

4A0B023B-932D-409E-8A41-F59ADC3842CD
だけど最大舵角は24°、同じダブルカルダンのTT02SRやTB05はもっと開くので少しガッカリ。

E287429D-214F-4E03-ABAA-8C5C496251A9
サスマウントもそのうち新アジャスタブルに変更したいです、いやRRにしたいです。

33BA3A57-87E5-4C96-B8D6-3AA4DE87D3BE
TA07R のアッカーマン比は小さくステキな印象。

そういうば先日のタミグラではTA07は出走台数が減っていて逆にTB-05と420がよく目立っていました。たぶんギア比的に07は不利なのでそれが台数が少ない要因かなと思ってはいますが、タミチャレではシャーシ毎のギア比はほぼ同じなのでまだまだTA07Rの出番はあるかもしれません。というわけで月末のタミサチャレのGTクラスのクルマとしてとりあえず使えればいいなと思っています。








(04:19)

2020年08月05日

6EA55233-7AD3-4625-9BC1-D70A4447F894
先日のタミグラを終えて帰宅するとなぜかウチにハムスターが居て大変驚いたんです。どうやら私と小4が掛川行ってる間に嫁と娘がカインズで一目惚れして連れ帰ってきたんだそうですが、まぁとにかくカワイイですw

C3D099D9-84A5-44F7-85AF-B401FEC32E9D
掛川では思いのほか良く走ってくれたTT02SR。ドアンダーの超安定方向に振った割には、トップ勢のクルマに比べても相対的に大きくスピード負けしてはいなくて、予想してたよりは良かったかもしれません。ですが結局のところはトップジュニアの操縦テクニックには到底及ばなかったな、という当たり前の結論になる事はほぼ間違いはないのです。

A4E5A480-146D-4D8F-967B-1883A5E5C57B
しかしそれでもクルマで気になってたこともありまして、TT02SRのアッカーマン比が大きいところがもうちょっとなんとかなったんじゃないかと。特に広めの掛川ではもう少し最適化したいなと思う部分もあり、コレは今後の研究対象にしようかと考えています。

677C73C8-E88E-4173-AE99-25D391059FDF
そういえばリフェ関係の充電に関してですが、タイムマネージメントに少し苦労したものの、初めてのレース運用の割にはまずまず上手くできたのかもしれません。

6D20E048-6097-4AF9-9EBC-CDCE50A4F318
とはいえ、一番の失敗はレース前までに小4がVRCで高グリップタイヤの速いスピードのクルマをガンガン走らせていたせいか、ジュニアGPのスピードとの感覚が違いすぎた事にあったんじゃないかと。

4F2E417C-90FB-4A36-B357-E1E53CD78962
とりあえずVRC側でクルマのトップスピードを26km/hほどまで下げて路面グリップを下げてチャレタイヤに近いグリップ感になるよう調整。フィーリングとしてはちょっと重たいTT02みたいな感じに。
その状態で小4に走らせてみると「遅い、爽快感がない」とかボヤいてますが、むしろ基礎をやり直すには丁度よいのかもしれません。


実際そのセットで走ってみると、遅いと思ってコーナーでツッコミすぎてアンダーを出しまくり、入り口でステア大きく切りすぎてイン側にブツける、とまるで掛川の時と同じ状況にw
コーナーの入り口のから立ち上がりのスロットルを入れるタイミングも含めて全体的にワンテンポ遅い操作がよくわかります。
今後はこのあたりが課題ですね、曲げる時にタメるって感覚が出来ればよいのですけど。

15C11C25-A6BF-4601-AC5F-16DE8C0D4C99
まぁそんなことよりハムスターです。
最初2、3日は環境に慣れるさせるために、お世話したい気持ちをグッと我慢。

07C25628-E51D-4E2B-9C24-047BAF580543
徐々に慣れてきた様子。

41BE4C9F-5EB6-46D8-A66D-202EA0A1B2D7
次第に猛アピールするようになってきました。

私達の尊敬するトップドライバーの親子さんのお家でもハムスターを飼っていらっしゃるようですので、ウチもハムスターにあやかりたいなぁ、とかカワイイ姿を眺めながら図々しいことまで考えちゃうレース後の反省会でした。







(04:06)