2020年07月

2020年07月28日

3EC68117-DF25-4080-AB2B-E817E4722B03
昨年1年間はRCカーグランプリでレース経験を積ませてもらいまして、今年はタミグラに初めて参加させて頂きました。コロナ禍で例年とは違うタミグラとはいえ、タミヤさんが開催してくれたことだけでも感謝と言うべき静岡大会MAZDA Jr.GPへの初参戦となります。

335654BB-AA55-4D00-8C0A-79C4028D52D0
荒天かと思えば晴れ間も覗く不安定な天候の日曜日、入場時から既に感染症対策がしっかり取られています。

7330E262-18B7-4100-8685-95307747FD3E
まずは検温と消毒をしつつ受付、その後ピットを確保し後から荷物を運びこむ手順です。

EE743DC7-DE51-46B1-B3C8-1470DD3B89D7
密を避ける意味もあるのでしょうか事前車検もないようです。いつもより時間的に余裕がある中で最初にKV値の計測に向かいます。計測は2回まで、という事で1回目の計測値を頼りに手持ちの計測機と相関を確認。こんなもんかなと調整した値は上限2200kvギリギリの2195kv。「レース後だと超えそうですね」とスタッフさんから言われて少し下げます。もう初体験のkv値調節にのっけから四苦八苦してしまうのでした。

5BA1DA2C-4AE9-46FF-9669-32B2532FB518
しばらくすると練習走行開始です。ところが小4がえらく荒れた走りをして1コーナーで大きく膨らんでます。

DE5BB30D-C02C-422A-ADBB-2E5C6AF03F14
でシケインに突っ込む。
練習後にどうした?と聞いてみると「こんなに遅いなんて聞いてないよぉ」と操縦感覚がまるで合ってないと主張します。そうなんですよね、小4は7月は雨続きでVRCばかりやっていてタミグラレギュ車で走ってないのです。。

VRCではハイグリップタイヤと13.5Tでギア比高めでも最高速度は45km/h。対してタミグラレギュのTT02はローグリップのチャレタイヤと計算値で最高速度は25km/h。バーチャルとはいえ速度差20km/hとグリップの感覚差が結構あって体感として現れます。それゆえグリップして曲がれると思ってコーナーで大回りはするし、早めの減速からインへ切り込むクセで内側の壁にヒットします。
ヤバイぞ、この感覚のズレは致命的かもな、いきなりお天気と同じく暗雲立ち込める私達であります。。

086D9771-B336-45A4-966E-4826CA1390B8
そんな不安をよそにピット着席のままドラミが始まり、集合写真はなくコンデレはエントリー制という新様式で進行していきます。

B6A2F440-D9F8-4E8D-9C4B-CFE100A3AD93
「さっきから目立つクルマがありますね」とりっくんが私達のクルマを選んでくれて小4がインタビュー受けてます。痛々しい返事しかできなくてホントすみません。。

6B30B445-2E22-4D64-B59E-9D02ACF94FFC
コンデレ受賞は新春掛川に引き続き奇跡の連続受賞です、ホントにありがとうございます。ですが私達にはコンデレ貰うと結果が悪いジンクスがあるんですよね。(汗

01109499-1C33-4DED-9202-021C139AD427
そんなこんなで予選1回目はたった6台で前列大外から。参加者さんも少なくレースがポンポン進みます。

D38C71F5-E0D7-4791-8ADD-381820B41464
開始早々1コーナーですべてを失う男、いきなり最下位は前回の新春掛川と同じ展開、コンデレの呪いですよ。

F2414133-ED40-4533-9648-EF57DDEF977D
なんとか4位まで挽回して終了、10周で序盤にミスが集中、感覚のズレはまだ引きずってますね。

27FFF42B-513F-4F15-9E39-9166A2C802AA
ブツけても幸いな事に低速ゆえに壊れはしないものの、アライメントが心配で再調整します。

450566E8-7B3C-4078-A3A9-4CC04FB0E729
僚友ともやくんは5位、小4が8位という1回目、一緒にゲームして束の間の休憩タイム、朝から少し緊張気味だった2人だけに気分転換できるといいね。

30F6F362-0FC4-4729-9DE8-E6ED4BB5969E
あっという間に予選2回目、後列インからスタートです。

54C50B5C-065B-4B6B-8391-6D29B3393335
いきなり4ワイドで1コーナー立ち上がる展開。

3D9FC6DE-EA01-4EE6-9D6F-FC6B3B4E399C
そして小4が後ろ向いてまた1コーナーでレースを失うw またしてもコンデレの呪いですw

B8AA2BE3-49C1-44D0-85F8-A846F88B6F78
その後は淡々と走るも残り15秒でステアリングタイロッドが外れて走行不能、その場で止まってDNF。
まぁ止まっちゃったものはしょうがないけど、他車を巻き込まないだけ良かったかもと思いながらクルマを回収します。

2F5B6440-4DA6-4F8D-9E33-95F2A50C24EE
その後GTにベストジュニアこうちゃん登場、そして瞬く間にポールゲット!凄い、凄すぎるぞ!!

A3388A9A-7545-4847-AF04-E4E7535AFD34
昼過ぎにはもう予選2回目が終了、小4は8位のまま決勝へ。小4は「ちょっと他のレース見てくるっ!」と言って上手いドライバーさんの走りを見学にコース脇へ。

0DF32FDF-28D8-402F-B2EC-D66F373EC62D
その間に小4のフィーリングをVRCに近づける為にサーボスピードを落としEXPも下げ、代わりにD/R値を上げる作戦を敢行します。もう目に見えてステアが遅いくらいまでサゲサゲにして初期を超マイルドに、ステアを切り込むほどサーボスピードを高くしてダブルカルダンで舵角を確保し、ステアがゆっくり大きく動く挙動へ。何かしないと何も起こらないですからね。

22173C51-6F08-4119-993D-38FAF266A7F8
決勝スタート、グリッドスタートのおかげで1コーナーでは波乱なく、むしろ8番手から6番手までポジションアップ。

53393C06-93C0-4B45-AC7B-D498C49B9648
トップ4はレベルが違う走りで先行、5位のともやくんに間をあけて6位に小4が続きます。

A857CE09-227F-4CB1-BD1F-0D75E33B84EB
プロポの変更が功を奏したのか、切り返しはまったりして遅いものの、大きなミスをしなくなり堅実に周回する小4。ただ気持ちはわかるがシケインの減速幅が大きいなぁ。

81560A48-5964-46B8-8AC7-C27BAF8D174A
ウヒョ、そこ縁石、縁石w

F8D5BCB0-86D4-4289-A200-75B0CCC8470D
迫りくる先頭集団、トップ4は地元では有名なトップジュニア達です。ラインのタイトさが一枚も二枚も上手です。

426908B9-4859-4374-A3C9-4F00989FC01F
小4もなんとか走りきって7位でゴール。決勝はかろうじて感覚修正が出来た感じで大きなラインを意識できるようになっていたので小4なりに走れたのかもしれません。まぁ終わってみればいつもと同じ中団の上の方というポジションですが、とにかく無事に完走出来て良かったです。

97080B63-00DB-48BB-9B97-C3FEA35DEC3C
その後はトップドライバーさん達のレースを観戦です。

09C03F76-C6F4-4EFF-8E27-0B9AAB5D3E75
皆が注目してるパイセンのTC-01。前住氏はさすがにちょっとお疲れのご様子でしたが、TC-01は曲がり後半がスルッと速く旋回するような印象でした。
掛川とかより室内で狭いレイアウトとか速そうですね。

28FBA0AB-0D9E-44D3-8C8B-83672615B2C5
GT決勝Aメイン、ポールシッターこうちゃんのBRZ、もう漂うオーラが違います。
久しぶりにお会いしたお父様が「(コロナで満足にこうちゃんが走れてないのに)まだラジコン上手なままで良かったですよw」とか冗談半分で仰る気さくさが変わらず魅力的な方ですね。

09C9107A-26E5-410F-B031-05FFB2F7651F
決勝はポールから飛び出したこうちゃんが独走状態を築いて、見事ポールトゥウィンでGT代表権獲得!
昨年のワーチャンSTの決勝を思い出して胸熱な私なのですが、今年はホントに走りの精度が飛び抜けてるし、クルマの状態は最高だし、ちょっと誰も手が届かない最強の親子タッグなんじゃないかと、まさに王者のレースでした。
山口さんホントにおめでとうございます!

881858E7-FA37-4BF6-8D19-C1E78C6AFDE0
最後に良いモノ見れてそれだけでも参加した価値があるタミグラ静岡大会でしたが、どのカテゴリーも、ジュニアのトップドライバーさん達もやはり色々な意味でレースに対する精度がとても高いなと感じる全日本選手権でした。

8A0988B5-CF98-45F6-BE33-4AC71AA9EF7C
ジュニア参加の副賞はMAZDA 3のボディ、小4がえらく喜んでましたw

CFDBC667-BA6E-4610-BD5E-AC3CF161AE56
あと1日を通して終始ジュニアドライバーさん達がウチのピットに遊びに来てくれて、それだけでも私としてはとても嬉しい事でした。レースはレースで真剣に取り組みながらも、子供達の無垢で楽しそうな笑顔が素晴らしいです。こういう一面もラジコンの魅力ですね。

705CAF5D-8F71-4950-93E2-AA160DA65928
タミヤさんもいつも以上に気を遣うこのご時世で、安心安全に万全を期す体制を整えて頂いた事への感謝は計り知れません。あらためてタミヤさんと参加者の皆様へお礼を述べさせて頂きます、ありがとうございました。

私達も新たな課題に取り組みながらラジコンで楽しい時間を過ごしていけたらいいなと、そして状況が早く収束して安心できる生活が戻ってくればいいなと願ってやみません。
どうか皆様もご健勝にお過ごし下さい。



(02:21)

2020年07月23日

E953BAEB-B45B-4AA6-9381-1735DE1512A6
タミグラ参戦車が完成しました。いつも小4のリクエストでマリオの意匠のクルマばかり作っているんですけど、今回は娘が好きなスプラトゥーンにしてみました。

812A5B7B-986A-4923-A3BB-C2945AB91FE2
リア回りもスッキリといい感じに出来たかなと思っています。

3C876DC0-8D49-4A81-BE9A-5A9411F1248A
私はあんまりボディ作りは好きじゃない(ホントはイヤでイヤで仕方ない)のですよね。。マスキングして色を塗って、ステッカー切り出して貼ってとか、手間も時間も掛かって正直面倒過ぎるので、いつもなんとかあまり手間がかからないようしつつも、そこそこ完成度高く見えるような手抜き工事ばかり考えています。

F08ABA7E-925D-4478-A105-44338E3D4303
手抜きの最初は色決めから、説明書のPDFを開いてスクショをとり、スマホでラフに色合いを決めます。ただ有彩色の数が多いとあまりキレイにならないのでコレはボツ。特にタミヤのポリカ用スプレーって補色の組み合わせは特にキレイじゃないので避けたいです。

7387E127-C337-4D22-8640-74AF419E4573
2案目、ライキリは単色だとボテっと見えてしまい逆にステッカーでゴマかすのが大変になるので2、3色で組み合わせて塗り分けます。更に黒と白と有彩色という組み合わせが色使いとして難しくなくキレイにできると思っています。
今回は白黒に緑でいこうと決定。

90FB1CA2-6AFE-4639-ABB0-8B8E1C9E3DFE
塗りました。なんだかネギみたいですね。小4が「このままネギっぽくデザインしたらウケるんじゃない?」とか言ってきますがガン無視です。

BB29C3CC-5278-4205-94D0-72434181D17A
そのネギ状態の写真をパソコンに送って、ステッカー図案をラフに重ねてアタリをつけます。

1780D5F4-EDC0-4082-8BC0-20AD63B1FB36
そのままボディを採寸してステッカーを制作。家庭用プリンタでステッカー作るので透明シールと白台紙シールの2版を作ります。

E579B799-1188-451C-A1CA-9204806270FF
白地部分には透明ステッカーを貼っていきます。

D7A398C7-2770-4B35-A8C8-C74AC3859428
下地のグラデーションと半透明の緑が重なって良い感じになってる気がします。

6CF9CAF7-6A39-4452-96FC-40E305A52B79
黒地部分には白台紙のステッカーを貼ります。ココは半透明ステッカーである必要は無いですしね。

D4E70480-6DA4-4A5A-AE32-655CB1A87CB1
ボディに穴開けしてシャーシに載せたら完成です。それでもそこそこ時間は掛かるものの、手抜きの割には完成度もあるように見えて私的には満足です。ホントはエアブラシとかステカとか持ってる方がいいんでしょうけど、個人的にはこの工法で十分かなと思ってます。

3CB1EEB5-BE41-4BFD-ACA9-6CD53035E749
とりあえずカタチになって良かったと思いながら小4に見せると「ネギでも良かったのに」とか言ってきます。(まだそれを言うかw)
まぁ走り出せば一瞬でボロボロになるのでキレイな状態は今のうちでしょう。

そういえば昨日パイセンが走っていた掛川のレイアウトは、私も小4もセットを大外しして完走出来なかった新春掛川のコースにとっても良く似ています。。またあの難コースに挑むのかと思えば少し憂鬱な気分にはなりますが、楽しむことを忘れずにレースをすることが出来ればいいなと、そして何より感染症対策に協力して安心安全の元に1日を過ごしたいなと思っております。

26日の静岡大会、参加される皆様、
どうぞ宜しくお願いします。



(20:18)

2020年07月22日

A48D3BE9-FB6B-48F9-BD4D-A59215907961
いよいよGo toもタミグラも始まる4連休直前の水曜日、午前に超特急で仕事やっつけてお昼にタミヤサーキットにやってきました。残念ながら関東大会が中止となってしまったタミグラですが、静岡はまだ開催予定という事で割と多くの方が走りに来ていました。

AACE3C1C-01E9-4378-899E-23F756642457
さっそく小4が参加予定のMAZDA Jr グランプリ用のTT02SRに出掛けに充電したLF2200を載せて走らせてみます。
「ん?なんかめっちゃ遅くないかコレ?」
とタイムを見ると20秒後半です。。

前回ニッカド1600SPで走らせた時は18秒台前半だったんですけど、LF2200にしたら2秒ちょっとも遅くなってしまいました。

09393317-98DA-4858-8688-6287F04AD7D5
もうクルマの作りとかギア比とか間違ってるんじゃないかと思えるほどのタイムと速度差なので、慌ててクルマとレギュレーション確認しましたが、どうやら間違えてはいないみたいです。

9294A4B5-67A7-4BE9-B33A-F5B882C9CB4F
とりあえずLF2200をピットでしっかり充電して走ってみると20秒前半〜中盤まで改善、ふと一緒に走ってるSTクラスらしきクルマも同じような速度で走っています。STもジュニアも同じ17.5Tのリフェでギア比も似たようなものなので、速度的にはこれで良いのかもしれません。
とりあえず大きな勘違いをしてるワケではなさそうで少しホッとしました。

996C1FC8-CAEE-409A-9414-D630309BC2BB
更に気になるところのセットを変更して20秒台前後、ただセット詰めてもこれ以上シャーシ側で速くなる気がしません。

835930FB-5EB3-4DC9-9E53-A44A0BC72413
それならばとフィーリングを改善する方向でセットを変更してみると20秒前後でアベレージが揃ってきました。なんかもう事前に考えていた脳内セットとは真逆な方向に向かっちゃって個人的にはガッカリなんですけど、そこそこ走り易いからこれはこれで良いかなとこの辺で切り上げます。

TT02で17.5T 68/24 LF2200の組み合わせは思っていた以上に速度が抑えられていて、もしかするとキット標準70/22にモーター 540Jでニッカド1600SPの組み合わせとほぼ同じか標準の方が速いくらいかもしれませんね。とはいえ今まで出ていたRCカーグランプリのJJクラスとあまり変わらない速度域でタミグラも走るのでしたら、それはそれで小4にとっては運転しやすいのかもしれない、けどこの速度域は失速しやすくなるのもツライな、とか色々思うことがあるものの、結局走るのは私じゃなくて小4だしなw、と半ば無責任な事を思いながらタミサでの最終調整を完了しました。

それにしても今年のStとジュニアのクラスはグンと速度域が抑えられている印象で、こちらはいつも以上に混戦必至な予感がします。
そんなタミグラもいよいよ明日から開幕ですね。
出場される方の健闘をお祈りします。




(20:30)

2020年07月18日

0EB9F048-4DB6-4844-8C0E-88F3CE1DD051
とりあえずMAZDA Jrの抽選は通ったようです。。正直嬉しいやら不安やら戸惑いはありますが、タミグラ開催とレースに参加出来ることは素直にありがたく思っています。それゆえに同封された案内書と同意書を良く読んで感染症対策のための努力と、現地での指示に従いつつ進行に協力させて頂ければと思っています。

とはいえ何より喜んでいるのは小4で、その無邪気さは何よりの救いでもあるようにも感じられます。
だがしかし今回はいつものRCカーグランプリとは訳が違うぞ!全日本選手権なんだぞw!という事でレースでのメンタルを鍛えるべくVRCでレースシュミレーションをやってみました。


動画では常にハラハラしてる小4の様子が面白いのですが、レース開始直後からひたすら後続集団のプレッシャーを受けて明らかにビビってる走りでラインはメロメロながらもレース時間5分の長丁場をなんとかトップキープで走り続ける意外な姿を見せます。ところが残り40秒というところでバックマーカー処理をミスして2位へ後退しそのまま逃げられてゴールというお約束の展開へ。
13.5Tのノービスモードとは言え、緊張感は実際のレース並みにあるのでコレはコレでメンタル鍛えるにはちょうど良いのかもしれませんねw
レースまでコレ続けてみましょうw(←鬼だな)

FA150C50-5500-4DB8-8505-06E49234B4A7
実は前から持ってたけど使ってなかったモーターアナライザー。

2F30EE8F-1AED-4487-82C8-AC186D9CC108
17.5のKV値を測ってみたら規定値2200より超える場面も...

F059E25A-9D61-4DA4-AC25-829A3529F0F6
ノイズレベルも高いような...

9C5903DD-0700-4C5C-B6FF-A08892C2D18B
そしてこの辺りの回転数でモーターに異音w
このモーターダメなのかな?

モーターアナライザーは実際よりKV値が少し高めに出るそうなのですけど、今までタミヤさんの計測機との誤差を測った事がないのでどれだけズレがあるのか正直わからないので補間できず…こういうところで経験の差がでちゃうんですね。

ともあれレースまで課題は山積みですけど、出来る限りの準備はしようかなと思います。状況には十分注意しながらも楽しむ事は忘れないようにしたいですね。



(05:27)

2020年07月16日

1382F0F6-AC84-49D6-A6AD-DA91D3CFECDA
年々この時期に思う事ですけど、梅雨って言うよりもはや「雨季」な状態ですけれど、雨が降ればクルマのメンテしかやる事ないのでTT02SRのメンテついでにタミグラ最低重量1350gにどれだけ近づけられるか?などについても色々と試しておりました。

403B9C6C-E07E-4BB4-AF02-0E03A3ACA1A3
1350gって存外に結構な軽量化を要求されてる気がしていて、ざっとTB05を測ってみれば結構な重さの933g。一応後々交換が面倒だとチタンビスセットを入れて組んだのに思ったより軽くなくて、TB05はチタンよりアルミ多用で軽量化やらなきゃいけないのかなと思ってみたり。

5C923005-4F04-4477-97E9-40D5DBF05083
メンテと軽量化対策をやってみたTT02SR。シャーシ重量は894g。意外と素組みでオプション入れると重たいTT02SR ですが、軽量化をやってみればモノがシンプルなだけに結構軽くなる気がします。

ED7F2565-BCE8-4FB0-A595-8DABBB44EEEF
単純に軽くするならアルミパーツを多用すればもっと軽くは出来るのでしょうけれど、操縦者は小4なのでそこそこ強度を確保しながら軽くするという相反する部分が私にとっては悩ましく難しいのです。特にフロントまわりはクラッシュに弱いアルミを使う勇気はなく、チタン系で軽さより強度の確保するという選択を迫られます。

FC000F9F-2680-4570-AB44-D65241552117
メカ類はしょうがないとしてTT02で重たいパーツといえばデフですよね。

7DFA5660-89F5-4382-80AD-869F3593DF0D
ボールデフは一番重たい39g。ボールデフはメンテが本当に大変なので私は敬遠しております。。(汗


703F125C-F3EE-45AC-B7EF-B56843EA5349
オイル封入式ギアデフは説明書通り組むと大体31gほどです。話変わりますけど、前後このギアデフだとクルマが加速する時にフィフィ〜ンって鳴るあの音がなんとも言えずステキなんです。しかもオイルの番手違いで音の鳴り出すタイミングが変わるんですよね、その音聴くとトラクション掛かったタイミングが伝わってきて実に楽しいです。

332CDA65-D0D4-4165-BF7C-5881BD951D0D
話戻します。フロントにたまに使うスプールは27g、アルミブロックが入ってるので意外と重たいです。

C7AC7A4A-1B16-43AF-8E5D-B0AC38E0CDF6
ただTT02用のオイル式ギアデフはベアリングを交換するだけでも完バラする必要があって、タダでさえオイルが漏れやすいギアデフをそのためだけにバラして組み直すのはかなり面倒くさいのです。。1280だとしょうがないのかなぁ。

3134D030-4E27-49FC-9064-172718BA4FDB
面倒だと数で解決しようとしてしまうのが私の悪いクセなんですけど、それぞれの番手毎にギアデフを無心で制作。50万番、3000番、2000番、1000番とそれより軽いグリスだけのデフ。

CF8DB12B-7424-42CB-81A5-7F16507E4FFE
フロントはスプールか50万番、リアは標準が3000ですけど小4の場合は路面が良い時で2000番がギリ使える感じで、普段は1000番かそれより柔らかいくらいじゃないとダメなんですよね。操縦はラクですがトラクションは弱々。

467D062E-1C33-423D-8E1E-502B8A88AA51
色々やって最低重量1350gに対してボディも含めて総重量は1355gになりました。結構いい感じだと思いますが、前住パイセンが「10gくらいは多めに」と動画内でお話されていたのでもうちょっとあっても良さそうです。

F66F8509-4A68-40C9-A764-5B93BB29FB63
で強度足したりしてたら1365g。やや積み過ぎた感もありますがこんなもんでしょうか。
パーツ入れたり外したりで結構大変です。

47329E1F-5696-443A-BD5C-A8DF3CFD8BEE
シャーシはバッサリ両サイド切ってるんですけど、何気に軽量化には効果薄いんですよね。労力の割に軽くはならない事を知って少しガッカリです。
でも見た目は好き。

209E3C79-5213-413B-B1A1-0F6629124075
小4に合わせてマイルド系で走りやすい方向性で初期セッティング。上手く走ってくれたらイイな。

E2EEBD6D-FD3E-43DD-B2E3-1E8D34F5B459
もう1台のTT-02はバラバラw

6A19F8F0-36FB-4743-9F33-1EDCAD308CAC
タミサへ2回しか行ってないのにアッパーアームの根元が折れてます。
ムキになってともやくんを追いかけるからクラッシュするんだよw

B333999C-2CE9-41FE-9379-53E01AC88285
ユニバのアクスルも割れてるw
まぁ追々直しましょうかね。

6831546A-509C-47F1-9F6A-A719571A0ED9
そういえば7/14に更新されたタミグラの案内で旧NSXは全面的に禁止になりましたね。禁止になるほど速いボディだと感じたことはありませんが、ほとんどロールしないペタペタなボディでやたらノーズの入りが素直で操縦しやすいなーとは思っていました。
って私用の旧NSXスペアボディはしばらく出番ナシ確定ですw

CCA5841A-F84D-48D2-9D75-87ED6F7BE8D1
塗りかけのデルタのボディ発見。ロケバニ風に仕上げてXV-01でターマックドリフトやりたかったんですよね。梅雨明けたら出来るかな?

2F46B6A7-F901-4B6D-9E83-469F7FBB6E7B
小4は相変わらずVRCでちょいちょい遊んでます。普段は単走なんですけど、最近はCPUの他車とレースモードをやっています。他車がいるだけで急に走りがメロメロになっちゃうところがまだまだ未熟でかわいいですw

スタートがカウントダウン式なので「ドライバーズ オンザトーンって言わないんだね」って小4が言うのですけど、子供なりにレースは楽しみに待ってるみたいです。

何気に昨日は今年のRCカーグランプリの方もレギュ発表があったので、タミグラだけでなくワイワイ楽しめるRCカーグランプリも折を見て開催してくれると嬉しいですね。



(04:09)

2020年07月08日

AFCCECFF-5230-450A-97F6-5E4E3231DCC7
タミグラ開催のアナウンス、ちょっとビックリしましたね。てっきりタミグラ再開は早くてもTC-01発売後の9月頃じゃないかなーってボンヤリ思ってたらまさかの7月末開催発表です。
とはいえ東京で感染者も増え続けてるこの時期に、掛川集結して一挙に開催ってタミヤさんもにとっても難しい判断だったんでしょうけど、6月に掛川で行われた走行会とGPカーのレースで様子を見てたのかもしれませんね。それならばもし参加出来るのでしたら運営には最大限協力してあげたいです。

99091634-B7AE-4D6D-9AEE-65AC98794C5C
ほぼ1年前になりますが、小3の時に掛川で開催されたRCカーグランプリに参加させてもらっていたんです、あれからもう1年も経ってしまったとか。。特に今年の状況なんて夢にも思わなかったです。

3146B5D8-60FB-47AC-B854-9C4F1C51A84E
これは3年前、小1の時に公園で遊んでた頃。目指せタミグラって冗談で言ってたこと思いだします。
って今見るとちっちゃいなー。

89988200-D931-4053-9A60-50D42239268A
初レースは2年前のお台場RCカーグランプリ。小2の夏に右も左も全くわからない状態で参加した甘辛い思い出…。

そんな息子も小4になり全日本初挑戦、と平時であればついにきたかと喜んでると思いますが、さすがにいつもとは違うんだなと気を引き締める思いでもあります。

636B9737-1B17-41E0-BA50-99A65954265E
そんな小4のエントリーできるクラスはマツダジュニアグランプリ、クルマはTT-02系のみです。17.5Tにリフェと仕様も刷新ですね。

82AAF223-8037-4AE6-ACAE-08C2B1F113BC
シャーシの候補は2台ありまして、1台はタミサのシェイクダウンでもそこそこ走ってくれたTT-02。コースレイアウトがタイト気味ならこのクルマの方が良いかも。

7294E95B-F8F5-4FCD-AE8D-B6D25FDFBE30
もう1台はセット出し中ではあるもののTT-02SR。掛川特有の大きめのレイアウトならこのクルマの方が良さそうです。
さてどちらにしようか。。

66593690-FC6E-4E9E-9018-6D4E26627B9A
申込み書にはSRの表記は無いけど大丈夫なのかなw

0CC4C1CC-3F2F-4E37-A0F2-4BD6D2FBE2E3
ホイールは強化か10本スポークのどちらかにしたいのです。小4は5本スポークだとクラッシュでホイール割るんですよね。。

A804F447-EFFB-4F35-B204-BC1F2794E7CC
ボディは今年使ってる旧NSXはダメなんで別ボディにしないといけないです。いやどうしよう、困ったな。

114E4E79-2850-4DA9-A12A-2F20B49DC1A7
とりあえず買ったまま放置してあるボディから選ぶとすると、旧NSXに近いならライキリか、NSXコンセプトGTか。

39B1DA7D-E93A-4BFB-B81B-EDF84F9899A8
レイアウトで直線長ければベンツGT3とか?

7B82188E-D95B-4916-858D-7123DE65D10A
いっそ15年前のフェラーリ430とかw
まぁボディ変えたって小4にその違いがわかるわけじゃないんですけどねw

E2F8A935-9465-4EDE-A4C5-86A32CF6DF93
後は充電器に慣れとかないといけないです。
恥ずかしながら私はレースの時って充放電とかキッチリしないタイプで、結構いい加減なバッテリー運用をする人なんです。
単に家でカラにしたバッテリーと既に充電してあるバッテリーを同数用意して、時間あればカラのバッテリーを充電、時間なければ既に充電してあるバッテリーを追い充電、って感じでやってたんです。
まぁ手持ちの充電器もそんなに良いモノではないし、日曜はニッカドだし、親子でそれぞれで充電しなきゃならないし、小4がクルマ壊したらそれどこじゃないしで、ベストじゃないにしてもそこそこ速いしそれでいいやって思ったんですけど、さすがに全日本はちゃんとしなきゃかなって思っています。

63577B3B-1BC8-4C6B-9B92-21E706BCC822
サーキットになかなか行けない小4でも、ここ半年間にVRCで掛川とホクセイを1000周以上は走っていて、先月のタミサでもそこそこ走れるようになっている姿を見るに、案外無謀な挑戦とも言えないかもなと素直に思うところもあります。

いずれにしても特殊な状況で開催されるタミグラですけれど、ラジコンやるやら以前に私の生活自体も大きく変化し、日々を送っていながらも心配は尽きない事は残念ながら今も今後も続くのかなと思ってしまいます。兎にも角にも全国で1日も早くコロナの患者さんが減ってくれる事を日々思わずにいられません。

ディズニーリゾート社長が「娯楽は平和産業ですから」と仰っていましたが、ホビーの世界も同じなんじゃないかなと、どうか確実に新しい落ち着いた平和な社会になりますよう、皆さんもご健勝でありますようお願い申し上げます。

とはいえ折角の機会をいただけたのですし、素直に走る事を楽しめたら良いなと思っています。
抽選、通ると良いなぁ。。



(03:47)