2018年08月

2018年08月03日

タミヤのオフロードバギーDT-03でリアをスライドさせて喜んでいる
超初心者ならではの遊びを堪能している私達です。

小1もカウンターを当て方も慣れてきたもので
ケツのフリ出しからカウンター当ててドリフト状態にするのは手慣れた感じになって来ました。

こうなってくると、もっとドリフト状態を維持したいなと
思うようになってきました。

何か上手い方法はないかとYouTube でラジコンのドリフト動画を漁ってみるのですが、
バギーでオフロードをドリフトしてる動画なんて
ほとんど見かけません。
その代わりオンロード車でドリフトしている動画はたくさんあります。

それを見て驚きました。
リアだけでなくフロントも滑っている4輪ドリフト状態です。
しかもスライド量が半端なく、ドリフトというよりスケートのようなどこまでも滑っているようです。
よく調べてみると4WDにジャイロを搭載してある程度自動でカウンターが当たる状態にすると
初心者でもドリフトがやりやすいみたいです。
それにしてもフロントの切れ角がすごいです。
ほぼ90度曲がってます。
これは楽しそうだな〜、いつかやってみたいなと
なかなか興味深かったです。

さて脇道に逸れまくりですが、
気を取り直してバギーのドリフトを探します。
やはりバギーのドリフトはほぼないに等しいです。
そんな中でたまに見つけるものは海外の動画で、
私達のDT-03より遥かにパワフルそうなバギーでドリフトしているものでした。
メーカーはTraxxus というアメリカのメーカーのようです。

トラクサス バンディット
8.4vバッテリー
Titan 12T 550型 ブラシモーター

8.4v!なんと!私のは7.2vです!
1.2vも差があるとだいぶ差が出てきそうな気がします。
12T ブラシモーター!きっとブラシレスだと思いますがターン数が少ない方が速いモーターだと聞いていましたが、12T なんですね!
これで完成品で32,000円とかマジすか?!

既に35,000ほど使ってしまっている私にとってはまたまたショックです。。

その後Traxxusの動画を見焦って、
ウチの小1もすっかりTraxxusのファンになってしまいました。
特にSlashというスタジアムトラックに小1はどハマりしてます。
元々トラックが好きな上、そのトラックがレースまでしてるのですから
そら好きになるのも当然です。

またまた話が逸れました。
ドリフトだろうがTraxxusの動画やスペックを見るにやはりもう少しパワーがあった方が良いみたいです。
タミヤのモーターを探してみますが、
高価なブラシレスモーターはESU(スピードコントローラー)も交換が必要なようです。
とりあえず今のセットのまま使えるブラシモーターで
初心者のステップアップに良いとあった
スポーツチューンモーターとトルクチューンモーターの
どちらかが良いみたいです。

スポーツチューンモーター
最高効率時トルク350g-cm(7.2V)
最高効率時回転数18300rpm(7.2V)
23ターン

トルクチューンモーター
適正負荷時回転数16000rpm(7.2V)
最高効率時トルク30mN・m(7.2V)→306g-cm
25ターン(?)

トルクチューンよりスポーツチューンが良いみたいですね。
というわけでスポーツチューンモーターに換装してみようと思います。
おっとスポーツチューンはフルベアリング化が必要だそうです。。。

もう一度ギアボックスをバラすと思うと憂鬱です。
皆さまにおかれましては、最初の組み立ての時にベアリングを組み込んでおくことを強く推奨致します。
(普通はそうするみたいですね。。)

98FA2E67-9A64-4381-8972-E8AC170F92FB
砂塵を巻き上げるスポーツチューンモーター&フルベアリングにしたDT-03
確かに速い!



(20:44)
公園で長い時間遊べるようになったDT-03ですが、
ふと気になったのは、リアがスライドするとかなりトラクションが逃げてるように見えます。
腰砕け感が強いので、もう少し粘ってもらい長くドリフトさせたいのです。
B4929B7F-B169-4CD4-B8D8-C923F7D5D0A7
ハーフスピン状態でもカウンターから立て直すDT-03

マキマキの挙動はよくない?

さっそくググッてみるとリアがスライドする状態をマキマキと言うみたいです。(リアの巻き込みを指すんですね)
そしてこのマキマキ状態はあまりよろしくない挙動、ということらしく、
さらに公園など砂が浮いた路面はラジコンには最悪だ、というご意見もありました。

さて、一体どういう事でしょうか?
バギーでドリフトを目指す考えは良くないのでしょうか?

B9CB83D7-F356-435A-843D-CBA05AEE353E
小1の足元をインリフトしつつフルカウンターを当てながら立ち上がるDT-03

小1がラジコンに求めている楽しさの1つにドリフトがあります。
このDT-03はオフロード車でド素人の私が組んでも驚くほどよく走ってくれます。
リアがスライドするのはこのクルマがRRの2WDである事と、
土と砂の滑りやすい公園で走らせている事が要因なことは想像できます。

クルマについてるタイヤは前輪がリブが3つ付いたタイヤ、後輪はスパイクタイヤです。
見ている限りこのタイヤはすごくグリップしているように見えます。

ということはデフかモーターの出力かサスペンションセッティングか、
この辺りのバランスになるのかなと思って見たりします。

私としてはリアの巻き込みはある程度してくれた方が良く、
その上でリアスライド中のトラクションをもう少し稼ぎ、
コントロール性を上げつつ、ドリフトを維持したい、
という方向ですので、色々考えてみます。

実車でみたらどうなるのか

私は実車でドリフトもしていたのでそれと比較してみます。
実車でドリフトするにはリア駆動の2WD車、高出力エンジン、LSD機構のあるリアデフ、固めのサスペンション
タイヤはラジアルなど高グリップではないものが良い条件です。
DT-03と照らし合わせると一番の違いはLSDがありません。
デフについてはまた別に考察してみたいとして、
次にスケールで考えてみます。
ラジコンは1/10スケールなので、車重を比較すると
私が乗っていた実車が1530kg、ラジコンが1.45kgなのでほぼ1/1000です。
圧倒的にDT-03は「軽い」のです。
軽過ぎると言ってもいいですね。
パワーウェイトレシオが抜群に良いのでしょうか。

ともあれラジコンをそのまま実車サイズに置き換えると
大きさは全長4mほどで車重が145kg
モーター出力は超高出力エンジンと同等で、
ハイグリップなタイヤを履いている。
ということになるのかな、と想像します。

なるほど、言い換えると
フォーミュラのような車体、
ドラッグレースのようなエンジン、
重量は大型バイク並、
というようなバケモノマシンという事にでもなるのでしょうか。

実際は慣性力の働き方が違うのでこのようにはならないでしょうが、
いやはや、想像するだけでもワクワクするものだと思った次第です。



(08:34)

2018年08月01日

前回近所でラジコンが走れる場所を見つけて
キャーキャー言いながら走らせてたのですが、
突然のストップ、というところまで書きました。

走り出して5分後にストップ

察しのいい諸兄はすぐおわかりだと思いますが、
バッテリー切れで動かなくなっていました。

「パパ!ラジコン動かない〜!」
その言葉もう何度も聞きました。トイラジでもう飽きるほど聞いています。
どれどれとDT-03を目視で確認。
どこか壊れてるわけでもなさそうです。
小1からプロポを受け取りスロットルを握ってみても
クルマはうんともすんとも言いません。
ところがステアリングは動いています。
あれ?と持ち上げてスロットルを握るとタイヤは回転しています。
地面に下ろすとタイヤは止まります。
「あぁこりゃバッテリーですわ」

それにしても走り出してものの5分くらいでストップです。
たった5分しか走れない。
充電は5時間くらいかかってます。
これはショックです。。

容量の大きいバッテリーを探す

ラジコンは早々に切り上げて公園で普通に遊び、
帰宅後にバッテリーについて調べます。

クルマに載せてたバッテリーは
ファインスペックのプロポセットに付いてきた
タミヤの青いバッテリーです。

ウェブで見てみると、このバッテリーは7分程度しか走れないから、予備のバッテリーを買うと良い。
青いバッテリーはタミヤのレースで指定されているクラスがある、との事。

なに?レースで指定?この青いのが?
カスタムパックという名前なんだそうです。
まぁレースに出るとか考えてもいなかったのでスルーし、
長く走れるバッテリー探しに入ります。

すぐにバッテリーは4ケタのmAh数値が容量なのはわかったので
数値の多いバッテリーを見ていきます。
タミヤだと青いカスタムパックは1300、黒い1600SPがニッカドバッテリー。
リチウムイオンのLF1100とLF2200がありました。
へぇリチウムイオンなんてあるんですね、ちょっとびっくりしました。

とはいえそれでも2200しか容量がありません。
青いカスタムパックの2倍もない。
単純に14分は走れないってことかな?
皆さんこまめに交換して走ってるの?
とか色々考えてしまいます。

ふとアマゾンのこんな商品も買っています欄に
タミヤでも走るバッテリーが並んでいるのが目に入りました。
3500、3900、4000、4200

あるじゃないか高容量バッテリー!

ヨコモ3900ストレートパックが良かった


アマゾンでベストセラーになってるヨコモ3900が良さそうです。
なんだかお値段もお手頃です。

ヨコモ知ってます。
私は昔ドリフトやっていたので、
イベントに行くとヨコモのラジコンドリフトのデモ走行をやっていました。
特に広坂選手のドリフト駐車は「スゲェ!」の一言でした。

ヨコモ3900はタミヤコネクターという事らしいので
タミヤコネクターってなんぞ?と思いつつも
レビューにタミヤ製ラジコンで使用してるともあり、
まずは手堅くこれにしようと決めました。

あとは充電時間を短くしたいので
これまたレビューを読み漁って
イーグル製の急速充電器、
ニッカドバッテリーはメモリー効果があるのは知っていたので放電器の安いやつをアマゾンでポチりました。

届いたヨコモ3900はなかなか良くて
走行時間も20〜30分程度走り、
なんだか車速も速くなってる気がします。
こりゃ良いわってことで追加でもう1セット注文し、
小1はバッテリー2本持って1時間近く走らせて遊べるようになりました。

バッテリー2本、充電器2つ、放電器2つで
15,000円ほどの支出です。
(DT-03がもう1台買えてしまう?!)
この時点でラジコンにかかった総額は35,000円です。
ちょっと当初思っていたより使い過ぎですが、
これで当面は遊ぶに困ることはなくなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨコモ HYPER3900 ニッケル水素 バッテリー【YB-S392A】 ヨコモ
価格:3480円(税込、送料別) (2018/8/2時点)



容量も大きくよく走ります。



充電が終わると青いLEDが点滅してお知らせしてくれます。
お値段も手頃。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オートディスチャージャー NO-DSC
価格:1485円(税込、送料別) (2018/8/2時点)



放電器、ニッカドバッテリーはたまに放電して空にしましょう。



お得なセットもありました。こちらは4000容量ですね。



(23:48)
勢いだけで買ってしまったタミヤのラジコンDT-03ですが、
ふと我に返ってみると、果たしてラジコンを走らせる場所があるのか?!
と心配になってきました。

メインは公園?

私は都内在住、マンション住まいです。
公道でのラジコンはもちろん出来ません。
幸いにして近所に川幅30m程の川と大きな都立公園があります。
ここで出来ないものか思案します。

川は小さいながらも土手があり、開けた場所もありますが、
土手なだけに地面は砂利石と雑草の茂る芝と土です。
また凹凸が激しく、小さなラジコンには荒れすぎている路面だという事は、
ド素人の私でも見て取れます。

もう一つは都立公園ですが、最近の都立公園はルールが厳しく、
既にドローン、ロードバイクなど禁止されているものがあるので、
ラジコンもその中の1つになっているのではないかと憂慮していました。

とりあえず1人でブツブツ言ってても何もならないので
都立公園の管理事務所に尋ねてみる事にしました。

すると
「少年野球のグランドの端っこ(外野側)の方なら」
とご返答いただきました。
そうなんです、この都立公園には少年野球ができるグランドが3面取れるほど大きなグランドがあります。
その端っこで迷惑にならないなら、との事でした。

もちろん野球の練習や試合がある時はグランドに入らない。
人がいる時は走らない事、片付けをする事、
などお伝えし小1が遊んでもいい場所を見つける事ができました。

0944C07F-EE76-49BE-8EDB-ED6FDC3D5F91
フラットですが土に厚い砂の層。ズルズル滑ります。

94996081-CE52-426F-A6D3-2BF95B17C552
小1は「ドリフトだー!」と大はしゃぎです。

楽しい時間を満喫していると
突然ラジコンは動かなくなるのです。。。


(18:54)
はじめまして、小一の息子とラジコンを始めた40代親父のsktと申します。
ラジコンはタミヤ車だけで楽しませて貰っている超ビギナー親子です。

さて、このブログ開設にあたり
3つの事を念頭におきたいと思っています。

その1
私も息子もラジコン初心者、全く手探りな状態で2017年11月にラジコンをはじめました。「楽しそうだ」からという理由で何の気なしに始めたラジコンです。
小一とのラジコンも楽しいので、このブログはその記録のため。

その2
お子さんと一緒に何か共通の遊びをしたいと考えているパパさんも多いと思います。
私たちも何も知らないところからラジコンを始めました。
手を動かして子供と一緒に何か作ってみたい、大人も子供も同じ趣味を通して絆を深めたい、
もしそんな風に思われている親御さんがいらっしゃるようでしたら
本ブログが微力ながら参考になればと思い開設しました。

その3
やはりホビーの未踏分野では一人で解決することも難しいことが多く、
諸先輩方に教授いただけたら嬉しいなと思い、
初心者なりの素直な疑問や感想など書いていこうと思っています。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

ラジコンを始めたワケ トイラジが壊れすぎて本当に参ったから
息子は幼少の頃から今時珍しくクルマが好きでした。
トミカが一番の宝物、スポーツカーより特殊車両やトラック、SUVが好きな子供でした。
そして5才のとき、近所のヨーカドーのおもちゃ売り場でラジコンを買ってくれとねだられ
トイラジと言われるおもちゃのラジコン完成品を買ったのです。
値段的に2,000〜6,000円程度で売られていました。
やや高いなと思いつつ、自分も子供の頃ラジコンを買ってもらったのが嬉しかったことを思い出し、
なけなしの小遣いから1台購入しました。

ところがこのおもちゃのラジコンがすぐに壊れてしまいます。
壊れると息子も私もガッカリです。
自分で直せる範囲では直せるのですが、
パーツが割れていたりシャフトが折れていたりするとメーカー修理です。
1、2週間でメーカー修理から帰ってくるとまた壊れる。
違うメーカーのトイラジを買っても「壊れるー>修理」の悪循環は止まりません。
結局月に1台づつ増えていき10台近くになってしまい、もうトイラジは嫌だなと思っていました。

IMG_4909
アホみたいに増えたトイラジ群(このうち完動車は3台)

そしてタミヤのラジコンを購入
そんなある日、いつもの公園に遊びに行くと
小学校低学年の男の子がビュンビュン速いバギーのラジコンを持って砂場で遊んでいました。
小1になった息子はそのバギーの動きに完全に釘付け。
男の子は「お父さんに作ってもらった」と言うではないですか。
おまけに「これマイティフロッグっていうラジコン」と。

マイティフロッグ!それオジサンも知ってる!
あまりに懐かしいそのバギーの名を聞いて
子供の頃にテレビで見たタミヤRCグランプリを思い出しました。
その直後「あぁそうかタミヤのラジコンなら自分で直せるじゃないか!」
壊れてもパーツは売ってるしこれでトイラジとおさらばだ!

と帰宅早々マイティフロッグで検索し、
タミヤのRCのWEBをみると、
たしかにそこにはマイティフロッグの文字が、
「ネオマイティフロッグ?DT-03?」
ネオがついてる。形も子供のころにみたものとは違う。
どうやら今っぽくリファインしているものであることは理解しました。

「初心者でも組み立てやすいDT-03シャーシを採用」

なるほど、私ラジコンなんぞ組み立てことないです。
子供の頃にラジコンが買えるほどのお金は持っていなかったのです。
と「組み立て」に一抹の不安を覚えるわけですが、
直すことが目的であるので自分で組み立ててみないことには何も始まりません。
組み立て済みモデルもありますが、割高すぎる価格と
自分で完成させることができると信じて組み立てキットにトライすることにしました。(大げさだと思うと思いますが、これが初心者心理です。。)


WEBを読み進めていくとRC入門のDT-03は
マイティフロッグだけじゃなくてレーシングファイターなるものもあり
どうやらこちらの方が新しいようです。
パッと見はボディの形とフロントタイヤがマイティと違っているようでした。

またラジコン本体だけでは走らせることができず、
プロポと呼ばれる送信機、ラジコン側に取り付ける受信機、スピードコントローラー、
ステアリングを動かすサーボ、バッテリー、バッテリー充電器、
これらを別途1式購入する必要があることもわかりました。
さらにこの機材たちがすべてオールインワンでセットになっている
「ファインスペック2.4G 電動RCドライブセット」があり、
私のような初心者には「とりあえずこれ買っとけば動くから」セットは
ありがたいなと思った次第です。

さてさて息子とマイティとレーシングファイターでどっちにする?と相談し、
その日のウチにアマゾンさんで
「レーシングファイターの組み立てキット」
「ファインスペック2.4Gのセット」
を総額2万円ほどでポチる事になりました。
時に2017年11月、これが最初の出来事でした。

今調べたら楽天の方が安いですね。。







IMG_5662
後日組み上がったDT-03 レーシングファイター(汚なっ)

(11:52)